microCMS

制限事項

microCMSに関する制限事項です。プラン毎に異なる値については料金表をご確認ください。

管理画面に関する制限事項

  • 1コンテンツあたりのデータ量:約200KB
Information

制限事項を超えた場合は保存等は失敗し、エラー表示となります。

APIに関する制限事項

  • GET APIの呼び出し回数:1秒あたり60回
  • WRITE API(POST / PUT / PATCH / DELETE)の呼び出し回数:1秒あたり5回
  • POST / PUT / PATCH APIのリクエストボディサイズ:約300KB
  • リクエストURLの最大長:8,192 バイト
  • レスポンスサイズ:約5MB
Information
  • GET API/WRITE APIの制約は、それぞれ1サービスあたりの合計でカウントされます。
  • GET APIの制約は、オリジンへのアクセス回数の制限となります。microCMSからのレスポンスは、CDNを経由して送信されますので、エッジサーバのキャッシュから返却した場合は、回数にカウントされません。(※コンテンツが更新されておらず、APIへのリクエスト内容が一致している場合などは、キャッシュが利用されます。)
  • 制限事項を超えた場合は、ステータスコード429(Too Many Requests)が返却されます。
  • APIのレスポンスには以下のヘッダが含まれます。
X-RateLimit-Limit: 60 # 1秒当たりに受付可能なリクエスト数
X-RateLimit-Remaining: 13 # 受付可能な残りリクエスト数
X-RateLimit-Reset: 1648014262 # リクエスト数の計測がリセットされる時刻(UNIX時間)

料金プランによって異なる制限事項

以下の項目はご利用中の料金プランによって制限事項が異なります。
詳しくは料金プランページをご確認ください。

  • データ転送量
  • メンバー数
  • API数
  • APIキー数
  • コンテンツ数
  • CSVインポート件数
  • 1メディアあたりの容量