microCMS

POST /api/v1/{endpoint}

POST APIを用いることで、コンテンツの入稿をAPI経由で行うことができます。
コンテンツの上限数はプランによって異なりますのでご確認ください。

リクエストヘッダー

X-MICROCMS-API-KEY

POST APIリクエストの際に必要な認証キーです。
デフォルト権限もしくは個別権限で「POST」を有効にして、リクエストヘッダーに含めて送信してください。

Information

クライアントサイドから直接APIを呼び出すことでユーザーがキーを把握できてしまう場合、エンドポイントさえ分かればAPIを呼び出せてしまうことにご注意ください。特に書き込み系のAPIキー(POST、PUT、PATCH、DELETE)の漏洩にご注意ください。
対処法としては、サーバサイドからAPIを呼び出す、またはJamstack構成にするなどしてキーを漏洩しないことが挙げられます。

Content-Type

送信するデータの形式を指定します。
microCMSではJSON形式のデータのみ扱っているため、application/jsonと指定してください。

クエリ

URLの語尾にPOSTパラメータ形式で指定できます。

※ WRITE APIのクエリは有料プランにてご利用いただけます。詳しくは料金プランも合わせてご覧ください。

status

下書き状態でコンテンツを作成するためのパラメータです。status=draftをパラメータとして追加してください。

リクエストボディ

APIスキーマに沿って送信したい内容のJSONを用意し、文字列として渡してください。
例:

{"title":"サンプルタイトル","category": ["サンプルカテゴリ"]}

各フィールドにおける値の指定方法は下記の通りです。

テキストフィールド

任意の文字列を指定してください。
(例:"テキスト1")

テキストエリア

改行コードを用いることで複数行の文字列を指定できます。
(例:"複数行のテキストを入力\n複数行のテキストを入力")

リッチエディタ

改行コードを用いることで複数行の文字列を指定できます。
(例:"複数行のテキストを入力\n複数行のテキストを入力")

HTMLタグを付与した状態での登録は非対応となります。
※HTMLを登録した場合、以下のようにエスケープされます。
<p>テキスト1</p>&lt;p&gt;テキスト1&lt;/p&gt;

画像、ファイル

非対応です。指定しても空になります。

日時

ISO 形式 (ISO 8601) の文字列で指定してください。
(例:"2020-04-23T14:32:38.163Z")

数字

数字を指定してください。
(例:123)

真偽値

真偽値を指定してください。
(例:true)

セレクトフィールド

セレクトフィールドの要素を配列で指定してください。
(例:["要素1","要素2"])

コンテンツ参照

参照先コンテンツのcontentIdを指定してください。
(例:"参照先id")

コンテンツ複数参照

参照先コンテンツのcontentIdを配列で指定してください。
(例:["参照先id1","参照先id2"])

カスタムフィールド

対象フィールド内容をオブジェクト形式で指定してください。
(例:{ "fieldId": "YOUR_FIELD_ID", "some_value": "" })

繰り返しフィールド

対象となるデータ内容をカスタムフィールドのリスト形式で指定してください。
(例:[ { "fieldId": "YOUR_FIRST_FIELD_ID", "some_text_value": "" }, { "fieldId": "YOUR_SECOND_FIELD_ID", "some_int_value": 10 } ])

拡張フィールド

対象となるデータ内容(message部分)をオブジェクト形式で指定してください。詳しい仕様はドキュメントをご確認ください。
(例:{ "id": "some-id", "title": "some-title", "description": "some-description", "imageUrl": "some-image-url", "updatedAt": "some-updated-at", "data": { "id": "123" } })

レスポンス

正常にコンテンツを作成できた場合は201レスポンスが返却されます。