microCMS

JavaScriptとの連携




JavaScriptを用いてmicroCMSを扱う方法を紹介します。
JavaScriptはフレームワークを利用することで比較的楽にアプリケーションを作成することができます。

SDKのインストール方法はこちら。

$ npm init
$ npm install --save microcms-js-sdk


初期化コード例はこちら。

const { createClient } = require('microcms-js-sdk');
const client = createClient({ serviceDomain: '<YOUR_SERVICE>', apiKey: '<YOUR_API_KEY>' });
//<YOUR_SERVICE> は XXXX.microcms.io の XXXX 部分


また、各jsフレームワークのドキュメントも用意されています。
Next.jsを利用する場合はこちら。

Next.jsとの連携
https://document.microcms.io/tutorial/next/next-top


Nuxt.jsを利用する場合はこちら。

Nuxt.jsとの連携
https://document.microcms.io/tutorial/nuxt/nuxt-top


GatsbyJSを利用する場合はこちら。

GatsbyJSとの連携
https://document.microcms.io/tutorial/gatsby/gatsby-top