microCMS

GET /api/v1/{endpoint}/{content_id}

リスト型APIにおいて、idで指定したコンテンツを取得できるAPIです。

リクエストヘッダー

X-MICROCMS-API-KEY

GET APIリクエストの際に必要な認証キーです。
デフォルト権限もしくは個別権限で「GET」を有効にして、リクエストヘッダーに含めて送信してください。

Information

クライアントサイドから直接APIを呼び出すことでユーザーがキーを把握できてしまう場合、エンドポイントさえ分かればAPIを呼び出せてしまうことにご注意ください。
対処法としては、サーバサイドからAPIを呼び出す、またはJamstack構成にするなどしてキーを漏洩しないことが挙げられます。

下書き全取得

この権限を付与するためにはAPIキーの権限設定で「GET」「下書き全取得」の両方を有効にしてください。

クエリ

URLの語尾にGETパラメータ形式で指定できます。

draftKey

下書き状態のコンテンツを取得するためのパラメータです。 コンテンツの編集画面で確認できるdraftKeyをパラメータとして追加してください。
draftKeyを使って取得できる下書きコンテンツは通常1つのみです。
複数の下書き状態のコンテンツを同時に取得したい場合には、デフォルト権限もしくは個別権限で「下書き全取得」を有効にしてリクエストをしてください。

fields

コンテンツの中で取得する要素を指定します。
fields=title,main_image,updatedAt,author.nameのようにカンマ区切りで値を記載してください。author.organization.nameのようにドットでつないでキーを指定することで参照コンテンツの要素も指定できます。fieldsが指定されていない場合は全ての要素を取得します。

depth

参照コンテンツを取得する階層の深さを指定します。
デフォルト値は1、最大値は3です。

例えば、ブログコンテンツに関連記事を表示するために、自分自身を循環参照しているとします。

例)depth = 1の場合

{
  "id": "id1",
  "title": "title1",
  "body": "body1",
  "related_blog": {
    "id": "id2",
    "title": "title2",
    "body": "body2",
    "related_blog": {
      "id": "id3"
    }
  }
}


例)depth = 2の場合

{
  "id": "id1",
  "title": "title1",
  "body": "body1",
  "related_blog": {
    "id": "id2",
    "title": "title2",
    "body": "body2",
    "related_blog": {
      "id": "id3",
      "title": "title3",
      "body": "body3",
      "related_blog": {
        "id": "id4"
      }
    }
  }
}