microCMS

GET /api/v1/{endpoint}/{content_id}

リスト型APIにおいて、idで指定したコンテンツを取得できるAPIです。

リクエストヘッダー

X-MICROCMS-API-KEY

GET APIリクエストの際に必要な認証キーです。
デフォルト権限もしくは個別権限で「GET」を有効にして、リクエストヘッダーに含めて送信してください。

Information

クライアントサイドから直接APIを呼び出すことでユーザーがキーを把握できてしまう場合、エンドポイントさえ分かればAPIを呼び出せてしまうことにご注意ください。
対処法としては、サーバサイドからAPIを呼び出す、またはJamstack構成にするなどしてキーを漏洩しないことが挙げられます。

下書き全取得

この権限を付与するためにはAPIキーの権限設定で「GET」「下書き全取得」の両方を有効にしてください。

クエリ

URLの語尾にGETパラメータ形式で指定できます。

draftKey

下書き状態のコンテンツを取得するためのパラメータです。 コンテンツの編集画面で確認できるdraftKeyをパラメータとして追加してください。
draftKeyを使って取得できる下書きコンテンツは通常1つのみです。
複数の下書き状態のコンテンツを同時に取得したい場合には、デフォルト権限もしくは個別権限で「下書き全取得」を有効にしてリクエストをしてください。

fields

コンテンツの中で取得する要素を指定します。
fields=title,main_image,updatedAt,author.nameのようにカンマ区切りで値を記載してください。author.organization.nameのようにドットでつないでキーを指定することで参照コンテンツの要素も指定できます。fieldsが指定されていない場合は全ての要素を取得します。

depth

参照コンテンツを取得する階層の深さを指定します。
デフォルト値は1、最大値は3です。

例えば、ブログコンテンツに関連記事を表示するために、自分自身を循環参照しているとします。

例)depth = 1の場合

{
  "id": "id1",
  "title": "title1",
  "body": "body1",
  "related_blog": {
    "id": "id2",
    "title": "title2",
    "body": "body2",
    "related_blog": {
      "id": "id3"
    }
  }
}


例)depth = 2の場合

{
  "id": "id1",
  "title": "title1",
  "body": "body1",
  "related_blog": {
    "id": "id2",
    "title": "title2",
    "body": "body2",
    "related_blog": {
      "id": "id3",
      "title": "title3",
      "body": "body3",
      "related_blog": {
        "id": "id4"
      }
    }
  }
}

richEditorFormat

リッチエディタのレスポンス形式を変更できます。

html(デフォルト)

richEditorFormatに html を指定した場合、HTMLとして取得できます。
デフォルトの設定になっており、パラメータに何も指定しない場合もこちらが適用されます。

{
    "title": "更新情報",
    "content": "<h2 id=\"h5ca2740170\">Hello World</h2><p>リッチエディタのフォーマットを<strong>変更</strong>できるようになりました。<br><br><img src=\"https://images.microcms-assets.io/assets/9f54a34e853e4bee98b47ce18c0713f1/c22bcc0296204e81889119c2ffa9a883/domenico-loia-hGV2TfOh0ns-unsplash.jpg\" alt=\"\"><br></p>",
}

object

richEditorFormatに object を指定するとオブジェクト型で取得できます。

{
    "title": "更新情報",
    "content": {
        "contents": [
            {
                "type": "block",
                "value": [
                    {
                        "type": "text",
                        "value": "Hello World",
                        "attributes": {}
                    }
                ],
                "attributes": {
                    "header": 2
                }
            },
            {
                "type": "textBlock",
                "value": [
                    {
                        "type": "text",
                        "value": "リッチエディタのフォーマットを",
                        "attributes": {}
                    },
                    {
                        "type": "text",
                        "value": "変更",
                        "attributes": {
                            "bold": true
                        }
                    },
                    {
                        "type": "text",
                        "value": "できるようになりました。",
                        "attributes": {}
                    },
                    {
                        "type": "text",
                        "value": "\n",
                        "attributes": {}
                    },
                    {
                        "type": "text",
                        "value": "\n",
                        "attributes": {}
                    }
                ]
            },
            {
                "type": "image",
                "value": "https://images.microcms-assets.io/assets/9f54a34e853e4bee98b47ce18c0713f1/c22bcc0296204e81889119c2ffa9a883/domenico-loia-hGV2TfOh0ns-unsplash.jpg",
                "attributes": {
                    "link": null,
                    "target": null,
                    "alt": null,
                    "width": 640,
                    "height": 427
                }
            },
        ]
    },
}